新潟中古住宅ナビ スミピタ スタッフブログ

現在では、多くの金融機関からそれぞれ特徴のあるローン商品が出ており、少し前と比べて選択肢が一気に多くなりました。選択肢が広がることは良いことである一方、住宅ローンについて詳しくない方にとっては迷いの種となっています。

多くの方が、住宅ローンを選ぶ際に、金利を優先します。

確かに、今後の支払総額に関わってくるので重要ですが、返済方法についてはあまり重視されていないように感じます。住宅ローンの返済方法には、「元利均等返済」「元金均等返済」の2種類があります。今回は、住宅ローンの返済方法についてご紹介します。

元利均等返済とは

元利均等返済とは、毎月の返済額が一定で、返済期間の経過に伴い、返済額のうちの利息分と元金分の割合が変化していく返済方法です。民間ローンの場合は、この元利均等返済が主流です。

メリット

  • 毎月の返済負担額が少ない
  • 返済額が一定であるため、返済計画が立てやすい

デメリット

  • 同じ借入額、借入金利、返済期間の場合、元金均等返済よりも総返済額が多くなる

要するに、毎月の返済額は一定ですが、その内訳が徐々に変化していくわけですね。初期段階は返済額のうち利息の占める割合が大きいですが、徐々に元金の割合が大きくなっていきます。計画的にローン返済を進めることが出来るため、初期段階の大きな費用負担を避けたい人にとってはオススメの返済方法です。

[図]

元金均等返済とは

元金均等返済とは、毎月の元金部分の返済額が一定で、そこに利息を上乗せして返済していく返済方法です。

メリット

  • 元金の減少が早いため、それに伴って、利息負担(総返済額)が軽くなる

デメリット

  • 返済開始直後の返済額が最も高いため、初期段階の費用負担が重い

要するに、毎月の返済額のうち元金部分のみが一定で、借入当初の返済負担が最も大きくなるのです。初期段階の費用負担を受け入れても、とにかく総返済額を減らしたいという人が選択する返済方法です。

[図]

どう選べば良い?

元利均等返済か元金均等返済かを、金利や総返済額だけで決めるのは少し危険です。月々の支払いと総返済額が変わってくる、かつ返済期間が長期に及ぶ以上、今後のライフプランと密接に関わってくるからです。

例えば、すでにお子様がいて教育費等が発生している家庭であれば、そのタイミングで初期段階に大きな金銭的負担は避けたいところです。反対に、まだお子様がおらず、数年後に出産の予定がある家庭であれば、10年後や15年後は小中学校のまとまった教育費がかかりますから、今のうちに元金をなるべく減らすために初期段階で多めに返済していった方がいいかもしれません。

このように、住宅ローンは単純な毎月の支払いではなく、今後の人生にも深く結びついているのです。元利均等返済か元金均等返済かを選ぶ時には、ライフプランについてよく検討し、金融機関のHPなどで実際に返済シミュレーションをした上で決定してください。ファイナンシャルプランナーに相談出来ると、なお安心かもしれません。

毎月払いとボーナス併用払い

元利均等返済も元金均等返済も、「毎月払い」「ボーナス併用払い」というさらに詳細な返済方法を設定することが出来ます。

毎月払いとは、その名の通り、毎月返済を繰り返し、借入額の全てを毎月の支払いのみで完済しようというものです。一方、ボーナス併用払いとは、毎月払いに加え、借入金の一部をボーナス時にまとめて支払うように設定しておくことを指します。

ボーナス併用払いは一見魅力的ですが、注意も必要です。というのも、ボーナスはあくまでも賞与であって給与ではありません。会社の業績や景気などによって、払われなくなるリスクもあり、ボーナス併用払いを組み込む時は、ボーナスをあてにしすぎず、余裕を持った計画を立てるようにしましょう。

まとめ

ローンを選ぶ際は、「金利が高いか安いか」「固定金利か変動金利か」などを重視するばかりで、案外「元利均等返済か元金均等返済か」についてじっくり検討している人は少ないかと思います。

金利の高い低いは、損か得かが目に見えやすいので、誰しも検討されますが、返済の方法も実は今後の人生に深く結びついています。この機会に、是非検討してみてください!

sumipita-staff at 14:52 PM

こんにちは!東区の中古住宅専門店スミピタです!

 

さて、本日は、中古マンションといえば、耐震が不安。。。と皆様一度は思い浮かべるとおもいます。そんな不安を取り払うお話しのご紹介です!

 

-目次-

【阪神・淡路大震災でも無傷だったマンションは多い】

【82年以降の物件の被害は少ない】

【阪神・淡路大震災に見るマンションの安全度チェック】

【新築マンションより安全性を見極めやすい】

【耐震性をある程度までチェックできる】

【中古マンションならではのメリット】

 
 
 
 
 
 

【阪神・淡路大震災でも無傷だったマンションは多い】

2016年に発生した熊本地震では、マンションの1階部分のピロティ型がつぶれた映像が、何度も報道されました。そのため、「中古マンションは地震のときに危険では?」と思っている人も多いのではないでしょうか。しかし「すべてのマンションが危険」というのは大きな誤解です。95年の阪神・淡路大震災では多くの家屋が全壊しました。当時、築13年以内の建物全体の8%が倒壊または崩壊、大破以上となったのです。(平成7年・阪神・淡路大震災建築震災調査委員会調べ)それに対し、マンションで大破したのは1.5%にとどまっています。(東京カンテイ調べ)それでも不安を感じる人は、マンションの建設時期に注目してみましょう。

 

【82年以降の物件の被害は少ない】

マンションは71年以前、72~81年、82年以降と、建築確認の取得時期によって3つにわけることができます。71年と81年は、建築基準法の改正があった年です。70年までに建築されたマンションは、最近のマンションに比べれば、被害の割合が大きかったようです。これはたんに老朽化のせいだけではなく、その当時の耐震基準が現在より厳しくなかったことも大きく関係してます。近年は耐震補強の技術も進歩しているので、きちんと対策が施されたマンションを選べば適度に心配する必要はないのです。

 

【阪神・淡路大震災に見るマンションの安全度チェック】

■分譲マンション全体の約5割は損傷なし!

損傷なし  まったく損傷が見られないもの        51.9%

軽微  柱や梁、壁などにほとんど損傷がない状態のもの  37.8%

小破  壁の小さいひび割れや、外構、設備部分の損傷など比較提軽い損傷で修理が必要なもの 6.7%

中破  構造体以外の壁などに損傷を受け、大幅修理が必要なもの 2.1%

大破  建物の構造部分に致命的な損傷を受け、建物として機能しないと考えられ、建て替えもしくは大規模修繕を必要とするもの  1.5%

◎マンション全体では50パーセント以上が無被害!◎被害にあったマンションでも建物の構造体部分(柱や梁など)までダメージを受けたところは少数!◎古いマンションの方が、被害の度合いは大きいが、当時、築30年以上でも無被害のマンションンは多い!

                     ↓

中古マンション選びでは、建築確認の取得時期と古い場合は耐震補強の有無をチェック!!!

 
 

【新築マンションより安全性を見極めやすい】

新築マンションの場合、ほとんど現物を見る事ができません。たいていはモデルルームとパンフレットの情報と売主側の言葉を頼りに購入することになります。しかし、中古マンションは現物主義です。日当たりや風通しの良しあし、住居内の空間的な広がりや、建物管理の状態、隣人の様子などを、事前に確認することができます。長所も短所も自分で確認して買えるのが中古マンションのメリットです。

 
 

【耐震性をある程度までチェックできる】

コンクリートは一般に1年ぐらい経過しないと安定しないといわれています。新築マンションの場合、買った時は問題なくても1~2年でなんらかの問題が発生することもあります。それに対して、中古マンションはすでに時間の経過という試練を受けています。新築時に問題のあるマンションなら、建物に大きなひび割れがあったり、外壁のタイルがはがれたいしているため、自分の目で確認できます。また、地震のときに被害があった場合には修繕履歴で確認でき、耐震性の問題もある程度わかります。そのほか、道路やバルコニーのひび割れ、角になる部分のつなぎ目の亀裂、室内の壁の水染みなどもチェックするといいでしょう。

 

【中古マンションならではのメリット】

◎眺望、日当たり、風邪通し、部屋の広さがわかる◎外部や上階・隣室の音の聞こえ具合がわかる◎周辺の環境、周辺へのアクセスがわかる◎管理のよしあしがわかる◎住民の質がわかる◎欠陥の有無をチェックできる

 

以上いかがでしたでしょうか。

中古住宅にご興味のある方は是非、

中古住宅専門店スミピタまでご相談ください!

sumipita-staff at 15:52 PM

新潟市の中古住宅専門店スミピタです。

急に寒くなりましたね、このままいけば新潟市もホワイトクリスマスを迎えられそうですが、コロナ禍の中の年末年始、皆さんはどんな年末年始をお考えですか。きっと巣ごもり年末年始の方もいっぱいいらっしゃるのでは無いでしょうか。テレビもネットもお酒も食傷気味になった方にお勧めするのは、本です。

その中でも単純明快スカッとさせてくれるのが、時代小説です。池波ロスで、あっちこっち迷子になって、やっと楽しく読ませてくれる作家がチラホラですが、その中の1人の作家が藤井邦夫です。金と女を棚上げにしているところが少し物足りなくもないですが、単純明快スカッとさせてくれる事請け合いです。

年末年始、暖かいリビングの隅っこで家族の声をうわの空で聞きながら、時代小説で巣ごもりを楽しむのもいいですね。

そろそろ暖かいリビングのマイホームを考えませんか、中古住宅専門店スミピタでは、月2回のイベントを行って皆さまのお越しをお待ちしております。

2021年1月4日より営業しております、ぜひお越しください、スタッフ一同お待ちしております。

sumipita-staff at 14:40 PM

新潟市の中古住宅専門店スミピタです。

本日は、リフォーム工事の施工事例をご紹介いたします。

・洗面脱衣所

施工前

施工後

洗面台のスペースに余裕があったため、既存の物よりも幅が広く使いやすいように広めの洗面台を設置いたしました。(造作棚などオプションあり)

 

・洋室

施工前

施工後

隣の部屋の収納部分のために、出っ張りがありましたが、そちらは使用しないとのことで、撤去しお部屋を広げました。また、収納をクローゼットへ変更いたしました。

白系の床が増えている中、濃いめの床色も非常に良かったです。

 

・キッチン

施工前

施工後

吊戸棚が既存では高すぎるために使いずらかったので、サイズを変え、手の届く高さへ変更いたしました。

 

 

様々な既存のお家でも引き継がれるご家族が使いやすいようにご提案させていただいております。

皆様のご来店お待ちいたしております。。

 

sumipita-staff at 17:02 PM

                                                   新潟市の中古住宅専門店スミピタです。

店舗横の小さなペチュニアガーデンも冬ごもりが近づきました。

次から次と綺麗な花を咲かせてくれたペチュニアも冬ごもりです、寒さ対策をして3月に元気な顔を見せてくれるといいですね。

サフィニアは1年草との記載もあり、春偶然に新芽を見つけた時は驚きました、これはきっとサフィニアのメーカーの意図のある誤記かも、なんてカングリもしましたが、あれから2年育ててきて愛着は深くなる一方でです、自然交配で色々な色の花が咲き、長く楽しめる花です。

冬囲いは、地上部分を刈り取ってその上にヨシズを敷いて重しをするだけの簡単なものです、3月ヨシズを取る時が楽しみです。

世の中、第3波のコロナと年末で騒がしい日々ですが、そろそろ家探し始めませんか、住宅ローンの返済を考えたら早い方が楽ですよ、年々年はとりますし、アパートの家賃は毎月かかります、家探し始めませんか、スミピタスタッフ一同皆さんのお越しを待ってます。

sumipita-staff at 16:28 PM

こんにちは スミピタです。

 

ついこの間まで、紅葉していた街路樹も散り始め

いよいよ冬の足音が聞こえてきました。

 

この時期、日本海側のお天気はとても不安定ですね。

太平洋側は、晴れるんですが。

 

店舗前の空で虹をみました。薄っすらと2重の虹が見えます。

降ったり晴れたりのこの時期だからこそ見つけると、得した気分になりますね。

 

 

スミピタでは、12月も皆様のご来店お待ちしております。

平日でも週末でもOKです!!来店予定していただければ特典プレゼント!!

見るだけ・聞くだけでも大丈夫です。

 

ご来店心よりお待ちしております。

 

sumipita-staff at 14:26 PM

こんにちは!スミピタです。

今の家がもうすぐ、契約更新。この先も賃貸か、買うのがいいのか迷うところですよね。本日は、そんな買い時の判断ポイントについて書いていきます☆

 
 
 
 
 

【ライフプランから考える】

住宅購入を意識するタイミングは28~36歳

30歳前後になると、結婚や出産、子供の入園・入学、仕事環境の安定などをきっかけに将来を見越して購入を検討する人が増加します。気になる街や物件を見学しながら夫婦で家族の将来やマネープランを話し合うことで暮らしのイメージが固まり、満足できる家選びができます。

 

【年齢から考える】

32歳VS42歳、今と10年後で比較。結論を先送りすると、月約3.8万円の負担アップ

早く購入すれば返済期間を長くでき、その分月々の返済額が抑えられます。節約できたお金は教育費としてはもちろん、退職後やもしもの場合の蓄えにできます。40代は教育費や退職後の備えに加え、親の介護などにもお金が必要になる時期。将来の出来事を見越して支出のピークを分散させることで、家計が楽になります。

 

□返済スタート年齢の違いによる資金シミュレーション

買い入れ額 4000万 

借入時の年齢 32歳 借入期間35年 毎月の返済額 12万2473円

借入時の年齢 42歳 借入期間25年 毎月の返済額 15万9974円

 

 

【金利から考える】

金利1%のアップで月約2万円、総返済額で約862万円の差

低金利のうちに住宅ローンを組むメリットは、月々の返済額を抑える事ができる点です。家計の支出をおさえられれば教育費も貯めやすくなります。金利が1%アップするだけで毎月約2万円の差、ローンの総返済額も大きく変わってきます。金利によって予算が制限されると、買える家の選択枠が狭まる可能性があります。

 

□金利の違いによる資金シミュレーション借入額4000万円の場合

金利1.5% 毎月返済額 12万2473円 総返済額 5143万8660円

金利2.5% 毎月返済額 14万2997円 総返済額 6005万8740円

↑金利が低いと月々の返済額が抑えられます

 
 

いかがでしたでしょうか。価格に気を取られがちですが、年齢や金利を考えると、早く動くのが将来的にも安心です。仕事や育児、将来についてももっと話あっておく必要があります。

中古住宅専門店スミピタでは、物件探しから住宅ローン、リフォーム施工まで一社で完結することが可能です。新築と中古で迷ってらっしゃる方も、ぜひ、スミピタにお越しいただき、中古の良さを知っていただけると嬉しいです。少しでもご興味のある方は、是非お越しくださいませ!

sumipita-staff at 17:31 PM

11月3日ですが、仕事で立ち寄った関屋浜付近にて1枚。

久々の秋晴れでしたので、車を停めて海風にあたりました。

遠くに佐渡も薄っすら見えます。

穏やかな日本海も、あと一ヶ月経つと冬の日本海に様変わりですね。

 

スミピタでは、11月も様々なイベントをご用意してお待ちしております。

ご予約頂きますとささやかですが、来店プレゼントをご用意しております。(来店予約はこちら)

見るだけ・聞くだけOKです。

皆様のご来店お待ちしております。

sumipita-staff at 15:28 PM
Staff Blog

秋ですね

2020.10.29

新潟市東区の中古住宅専門店スミピタです。

秋ですね、新潟平野の山の頂きや稜線は紅葉で赤くなりました、里山に紅葉が見られるのも直ぐですね。

先日、天気の良さに誘われて山に行って来ました、猿がいて実物はありませんでしたが、杉林の中ミズダマを取りました、スギゴケもありましたが今回は取りませんでした。

陽の当たる橋の欄干にいっぱいの赤とんぼが止まっていました、写真は綺麗に実を付けたマムシ草です、この実は誰も食べないみたいです。

世の中、まだまだコロナで大変ですね、それでもGo-Toキャンペーンで少しずつ賑わいが戻ってきているようです。

中古住宅市場も、それに合わせるように動き始めています、家探し中の皆さん!ぜひ中古住宅専門店スミピタに遊びに来て下さい、スタッフ一同待っています。

sumipita-staff at 14:45 PM

こんにちは!スミピタです。

住宅購入とは、大きな買い物ですし、ローンも最大35年と長いので、大きな一歩を踏み出すのにも勇気がいりますよね。特に、不動産会社って営業がすごそうで、入りにくかったりもしますよね。22歳ぐらいの方でも住宅購入される方もいらっしゃいます。自分が22歳のときなんて、住宅購入のじゅの字も考えておりませんでした。でも22歳で35年ローンを組むと、完済が57歳です。繰上げ返済をしないで35年支払続けても定年前で完済してしまうなんてとてもうらやましい限りです。

さて、少し話してしまいましたが、住宅購入において、肝になるところが、「何歳の時に住宅ローンを完済できるか」です。

35歳の方が35年ローン、物件価格3000万円 諸経費280万円 頭金なしで変動金利0.63%でローンを組んだとします。

そうしますと、月々の住宅ローンのお支払は、¥87,041  繰上げ返済をなしで、支払続けると、65歳(定年時)の残債は417万円です。これが、5年後、40歳の時の購入になるとどうでしょう。同条件で 65歳の残債は940万円となります!!65歳で1000万近くの残債が残っていると不安ですよね。

よく、頭金を貯めたいから3年後ぐらいに購入を考えている。

という方もいらっしゃいますが、もし、現在賃貸に住まわれているのであれば、3年間の家賃も無駄になってしまいます。そして、口頭でお伝えした、完済年齢も高くなってしまいます。家賃が8万円だとして単純計算で8万×12カ月×3年=288万円も家賃で消えていきます、自分の資産にならないものに288万円も払うのはもったいない気がしませんでしょうか。現在は頭金0でフルローンを組まれる方も沢山いらっしゃいます。(手付金は現金で必要になります)

あとは、金利です。現在は超低金利時代なので安い金利で借りられます。いつまで続くかもわからないのでなんとも言えませんが上がってから急いで買おうと思っても物件購入には数カ月の時間がかかるので早めの対処が必要です。

そして毎年、銀行の不正融資のニュースの事件をTVなどでよく耳にするようになったかと思います。あのような事件によって、住宅ローンの審査などもこれからどんどん厳しくなってきてしまい、今は審査に通るのに、数年後、審査が厳しくなったせいで住宅ローンを借りれなかった。などとなってしまっては元もこうもないのです。

大きな買い物なので慎重になってしまうところですが、慎重になりすぎて何年も買えないと色々と損なことが多いので、少しでも住宅購入に興味のある方は是非スミピタまでお越しくださいませ!

sumipita-staff at 10:45 AM

リフォームや不動産に関してのご相談はお任せ下さい!

0
0
5
6
非公開物件を今すぐ見るなら! 無料メンバー登録はコチラ
2
5
1
1
ページの先頭に戻る